時東ぁみエロ画像118枚 元メガネアイドルのセミヌードやパンチラ&Fカップ巨乳水着グラビア集めてみた

更新日:2022年05月06日

芸能(1514) 巨乳(2438)

画像:118枚

このページでは、時東ぁみ(ときとう あみ)エロ画像を118枚まとめています。
その他、時東ぁみさんの簡単なプロフィールや経歴なども併せてご紹介します。create

時東ぁみの概要

◎時東ぁみプロフィール
ふりがなときとう あみ
身長153cm
スリーサイズ85 – 58 – 85 cm
カップ数F
おっぱいの形お椀型
事務所サンミュージックプロダクション

時東 ぁみは、日本の女性アイドル、女優、タレント、歌手、DJ、ラジオパーソナリティ、MC、元グラビアアイドル。旧芸名は時東あみ。愛称はぁみにぃ。 サンミュージックプロダクション所属。東京都出身、血液型はO型。特技はバスケットボール、趣味はトレーニング。夫はPsycho le Cemuのボーカリスト・DAISHI。

◎略歴

2005年(平成17年)
7月、ミスマガジン2005つんく♂賞を受賞。
12月、「(1)さなぎのバスローブ」でインディーズデビュー。
2006年(平成18年)
4月、「せんちめんたるじぇねれ〜しょん」でメジャーデビュー。
7月、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルス始球式(フルキャストスタジアム宮城)。
8月、初座長公演(つんく♂タウンTHEATER旗揚げ公演)『CRYFORHELP!〜宇宙ステーション近くの売店にて〜』
12月、JFN系列「第9回インターネット音楽祭」bayfm賞受賞。SPHERELEAGUEAward2006ベストパフォーマンス賞受賞。
2007年(平成19年)
1月、社団法人日本ボウリング場協会主催の第14回ボウリング・マスメディア大賞グランプリ受賞。
4月、藤田志穂プロデュースギャルユニット「ギャルル」に参加。
5月、フォーミュラニッポン・決勝富士スピードウェイPR大使。
9月、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の寿司職人(声・泉谷しげる)の娘、土呂わさび役で声優デビュー。
2008年(平成20年)
1月、社団法人日本ボウリング場協会主催の第15回ボウリング・マスメディア大賞2年連続グランプリ受賞。
4月、『スミレ16歳!!』の塚本水樹役でドラマデビュー。
7月、エプソン品川アクアスタジアム「イルカ応援団」名誉団員就任。
9月、東京都港区・警視庁高輪署初の一日署長就任。
10月、ドラマ版『鉄道むすめ』の京成電鉄・中山ゆかり役でドラマ初主演。鉄道むすめシリーズトップ出演を飾る。
11月、ネット配信楽曲「一生一緒」で初作詞。NTTdocomoキックオフイベント「4ColorsTheBRANDNEWCOLLECTION」(六本木ヒルズ)のファッションショーにおいて芸能人・著名人部門総20名の1番目にモデル出場、ショーのトップを飾る。
2009年(平成21年)
5月、時速246主催(欽劇・川本成プロデュース)舞台『ささやかなこの人生』に出演。テレビ朝日コミックフェスティバル第1回出展作品『花咲く王子と青山で』の原作・監修を手掛ける。自身がデザイン・プロデュースした眼鏡のブランド「Laue」の販売が開始される。
7月、プロ野球埼玉西武ライオンズ始球式(西武ドーム)。
8月、東貴博プロデュース舞台〜FIREHIP’S第一回公演〜HAPPYHAPPYBIRTHDAY!!に出演。
10月、FUJIYAMAMUSICFESTIVAL09にDJとして参加、DJデビュー。
2010年(平成22年)
2月、『COACHコーチ40歳のフィギュアスケーター』の笠井千夏役で映画デビュー。
7月、映画『踊る大捜査線THEMOVIE3ヤツらを解放せよ!』に出演。
9月、デビュー5周年記念イベント開催。
2011年(平成23年)
4月、東日本大震災チャリティープロジェクト「STANDUP!JAPAN」『被災地にエールを送ろう!今こそ立ち上がれニッポン!STANDUP!JAPAN』メインパーソナリティー:T.M.Revolution西川貴教の9時間生放送チャリティー番組において総出演100名を超えるアーティスト出演の1番目に登場、トップを飾る。
4月、5年間在籍したシャイニングウィルを退社。眼鏡ブランド「Laue」販売終了。
6月、移籍先事務所がサンミュージックに決まる(業務提携)。
2016年(平成28年)
10月、PsycholeCemuのボーカル・DAISHIと結婚したことを、自身のブログで報告。
2021年(令和3年)
10月21日、約4年半の不妊治療の末、第1子を妊娠したことを報告。
2022年(令和4年)
3月11日、第1子となる男児を出産した。

◎人物

シングルがつんくプロデュースなため、ハロー!プロジェクト(ハロプロ)のメンバーと思われがちだが、デビューから現在までハロプロメンバーではない。本人は自身について、あくまで「グラビアアイドル」と語っている。
バスケットボール部に所属しており、『月刊バスケットボール』で連載も持っていた。
芸能人女子フットサルチーム「ミスマガジン」ではゴールキーパー(ゴレイロ)を務めていた。背番号は1。バスケットボール経験者ならではの反応の鋭さと強肩でスフィアリーグではトップクラスである。
倉科カナとはミスマガジン受賞仲間で、フットサルのチームメイトでもある。お互いを親友と認め合う仲で、2人で生放送番組中にお互いのブログにコメントをし合うほどの旧知の仲である。
2007年4月にギャル曽根、安倍麻美との3人で、ギャルユニット「ギャルル」を結成している。ここでの芸名は「ぁみみ」。
東大阪市テーマソング『東大阪めっちゃ元気な「まち」やねん』を、作曲を手がけたつんく、稲葉貴子、松井雄飛らと歌った。
防災士としてメディアに登場したり、イベントに出る際には白いサロペットとオレンジ色のポロシャツという組み合わせで登場することが多い。この格好をいつから始めたかは不明だが、2017年9月3日に和歌山市で行われたイベントでこの格好をしていることが確認できる(参照)。
眼鏡
眼鏡は時東を語る上で重要なアイテムであり、眼鏡にまつわるエピソードは数多い。芸名を「時東あみ」に改名した際に眼鏡を着用し始めた。眼鏡っ娘アイドルとして著名な存在になったが、本人の公式ホームページでのプロフィールやテレビ番組出演で、両眼とも視力1.5であると自ら公表しているように視力は良く、伊達眼鏡を使用している。本人曰く「メガネさえあれば恥ずかしくない」とのこと。なお、テレビ朝日のバラエティ番組『アメトーーク』では「アイドル眼鏡」と言っている。

使用している眼鏡は、レンズの入っていないフレームだけの伊達眼鏡である。眼鏡にレンズを入れていない理由は、撮影等の際に光がレンズに反射するのを防ぐため(大橋巨泉など、実際に実生活で眼鏡を使っている人物も同様の理由でテレビ出演等ではレンズ無しの伊達眼鏡を使う者が多い)。縁なし眼鏡の場合は乱反射防止コーティングを施している。感激して溢れた涙をレンズの無い眼鏡の上から拭こうとしたなどの失敗談もある。
フットサルの練習時や試合中は危険防止のため、眼鏡の代わりにゴーグルを着用する。
ユニセフに寄付する目的で、本人使用眼鏡を「裏のオク〜楽オク生活のすすめ〜」に出品したことがある。
本人によると最近視力が低下傾向であり、「このままだと(実生活で)本当に眼鏡が必要になるかもしれない」と危惧しているとのこと。
2009年5月より、自身でデザイン・プロデュースを手掛けた眼鏡ブランド「Laue(ラウエ)」を展開していた。2011年4月に閉店。
資格・検定
資格マニアで、防災士資格をはじめ多数の資格・検定を取得している。ボランティアにも非常に関心が高く、自身の番組で特集を組んだり、チャリティーオークションにも積極的に参加していた。またデビュー時より盲導犬募金を行っていた。

取得した資格・検定は以下のとおり。

防災士免許、上級救命技能講習修了
手話技能検定(手話検定)4級
実用英語技能検定(英検)3級
食品衛生責任者講習修了
クリーニング師免許
ジグソーパズル検定1級
ペット災害危機管理士3級、ペットセーバー
整理収納アドバイザー2級、ダイエットインストラクター、プロテインマイスター
環境アレルギーアドバイザー、チャイルドケアプラス
TCカラーセラピスト、耳つぼジュエリーアーティスト
無人航空機(ドローン)操縦技能

参照元:wiki

時東ぁみのエロ画像118枚

他社紹介

新着エロネタ6選!!

巨乳新着記事

巨乳は世の漢たちの夢と希望が詰まってますな!
一般的にDカップ以上が巨乳と言われていますが、
巨乳フェチ作家の鏡裕之は、
ブラジャーで言うとE70以上が巨乳、G75以上が爆乳、M70以上が超乳と定義しているようですw
こんなにおっぱいが大きいとパイズリはもちろん、ぱふぱふも余裕ですわなw
そんなおっきいおっぱいを楽しみたい方はコチラからどうぞ↓↓

巨乳の関連記事一覧

巨乳カテゴリの続きを見る

貧乳新着記事

貧乳、ちっぱい、微乳、ペチャパイなど、
A~Cぐらいのお皿に乳首がトッピングされただけのような貧乳がここに詰まってます!
おっぱいを揉みまくって大きく育てたいという気持ちもあり楽しみが増しますわw
そんなとにかく可愛らしい貧乳おっぱいはコチラからどうぞ↓↓

貧乳の関連記事一覧

貧乳カテゴリの続きを見る

芸能新着記事

芸能カテゴリの続きを見る

動画新着記事

動画カテゴリの続きを見る

JK新着記事

JKカテゴリの続きを見る

シチュエーション新着記事

シチュエーションカテゴリの続きを見る

盗撮新着記事

盗撮カテゴリの続きを見る

外人新着記事

外人カテゴリの続きを見る