安田桃寧エロ画像44枚 NMB卒業したももねの最新Fカップ巨乳水着グラビア集めてみた【動画あり】

更新日:2022年06月28日

芸能(1582) 巨乳(2559)

画像:44枚

このページでは、安田桃寧(やすだ ももね)エロ画像を44枚まとめています。
その他、安田桃寧さんの簡単なプロフィールや経歴なども併せてご紹介します。create

安田桃寧の概要

◎安田桃寧プロフィール
ふりがなやすだ ももね
身長156cm
スリーサイズー – ー – ー cm
カップ数F
おっぱいの形お椀型
事務所—–

安田 桃寧は、日本の元アイドルであり、女性アイドルグループ・NMB48の元メンバーである。大阪府出身。

◎略歴

2015年、『第2回AKB48グループドラフト会議』候補者オーディションにエントリーし、同年3月1日、最終審査49名のうちの一人に入る。同年4月12日にNMB48劇場公演の前座を務めた後[動画1]、同5月10日に有明コロシアムで開催された『第2回AKB48グループドラフト会議』において、NMB48チームBIIから2巡目で指名され、同7月5日、インテックス大阪で行われた「Don’tlookback!」発売記念握手会に於いて、同じくチームBIIに指名された村中有基、安藤愛璃菜と共にお披露目された[Blog1]。

2016年10月18日、『NMB486thAnniversaryLive』(於:神戸市・ワールド記念ホール)で発表された“大組閣”と称したチーム再編により、川上礼奈率いるチームMに異動。翌2017年1月より新体制に移行した。

2018年10月17日に発売された、山本彩卒業記念シングル「僕だって泣いちゃうよ」でシングル表題曲初選抜[Blog2]。以後2020年末時点まで6作連続でシングル表題曲選抜を継続中[Blog3]。

2020年11月、清水里香と共に派生ユニット『JEMINI』(ジェミニ)を結成。同月15日と12月24日にJEMINIとしての単独ライブをNMB48劇場で行った。

2021年1月1日、NMB48劇場新春公演で概要発表された、『NAMBATTLE〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜』では、先述の清水と共にグループE「ちょうぜつかわE」に配属された。同年11月10日、白間美瑠プロデュース『大阪魂、捨てたらあかん』の公演で卒業発表をし、12月29日の卒業公演で芸能界を引退することを発表した。

◎人物

キャッチフレーズは、「桃から生まれた元気娘、一緒に鬼退治行ってくれますかー?(お供します!)」[Blog5]。
愛称は「ももね」。だが子供の頃は「モモンガ」と呼ばれたことがある[Blog6]他、チームMで共働した水田詩織からは「ももっち」、『あさパラ!』司会のハイヒール・リンゴからは「ももちゃん」と呼ばれていた。
8歳下の妹がいる[Blog5]。
本人によると、走ることが大の苦手。中学時代の運動会ではリレーで最下位となり、同じクラスの(生徒の)足を引っ張ってしまったことがある。
ドラフト会議の合宿時に部屋のふすまを覗こうとした際、テーブルの上に置いてあったココアを布団の上にこぼすハプニングを起こし、スタッフに叱られたという逸話がある。
HKT48の坂口理子によると、ドラフト会議では当初安田をチームHの1巡目で指名する予定だったという。だがバイトAKB出身の松岡はなを指原莉乃が気に入った末、安田がNMB48に2巡目で指名される結果となった。
渡辺麻友と小嶋陽菜を憧れとしている。

参照元:wiki

安田桃寧エロ動画3本


再生する動画を選択

安田桃寧のエロ画像44枚

他社紹介

新着エロネタ6選!!

巨乳新着記事

巨乳は世の漢たちの夢と希望が詰まってますな!
一般的にDカップ以上が巨乳と言われていますが、
巨乳フェチ作家の鏡裕之は、
ブラジャーで言うとE70以上が巨乳、G75以上が爆乳、M70以上が超乳と定義しているようですw
こんなにおっぱいが大きいとパイズリはもちろん、ぱふぱふも余裕ですわなw
そんなおっきいおっぱいを楽しみたい方はコチラからどうぞ↓↓

巨乳の関連記事一覧

巨乳カテゴリの続きを見る

貧乳新着記事

貧乳、ちっぱい、微乳、ペチャパイなど、
A~Cぐらいのお皿に乳首がトッピングされただけのような貧乳がここに詰まってます!
おっぱいを揉みまくって大きく育てたいという気持ちもあり楽しみが増しますわw
そんなとにかく可愛らしい貧乳おっぱいはコチラからどうぞ↓↓

貧乳の関連記事一覧

貧乳カテゴリの続きを見る

芸能新着記事

芸能カテゴリの続きを見る

動画新着記事

動画カテゴリの続きを見る

JK新着記事

JKカテゴリの続きを見る

シチュエーション新着記事

シチュエーションカテゴリの続きを見る

盗撮新着記事

盗撮カテゴリの続きを見る

外人新着記事

外人カテゴリの続きを見る