調教 おっぱい画像

調教 おっぱい記事一覧

  • 2019年11月11日

    見た目 巨乳

    【緊縛 画像】縛り上げられ、女体に食い込む縄が扇情的な画像332枚!!

    緊縛された女性たちのエロ画像を332枚集めました。
    縛られて身動き取れない女性にエッチなイタズラをするのが好きな方!!
    食い込む縄が痛々しいまでも、悩ましい表情と反応に興奮を憶えざるをえません。
    『緊縛』とは
    緊縛とは、ひも状のものできつく縛るという意味です。
    ”縛”は縛る(しばる)とすぐ分かりますが、”緊”はどう意味か知っていますか?

    実は『緊』という字には”きつくしまる”という意味があります。
    その他にも”差し迫る”といった意味もあるので緊急事態や緊急自動車などに使われます。

    SMやエロにおける緊縛
    もともと緊縛は手錠技術が発達していなかった日本において、罪人を拘束する手段として発達してきました。
    なので皆さんが『緊縛』と聞いて想像する”亀甲縛り”のような全身を縛る物から、現代の手錠のように手首のみを縛る物まで様々な種類があります。

    捕縛・拘束手段としての『緊縛』がエロ要素を帯びるようになったのは、明治維新以降とされ、当時のエロ本である”錦絵”に美しい女性が全裸で緊縛されている様子が描かれたのがはじまりです。

    西洋の文化や技術とともに、罪人の拘束手段として『手錠』が採用されても『緊縛』の技術や文化が失われずに済んだのは、”エロ”への棲み分けがなされたからと言えるでしょう。

    代表的な緊縛は12種類 もともと人間を拘束するのが目的であった『緊縛』ですが、エロ目的に変わっていく中で”辱め(はずかしめ)”を与えるために様々な緊縛方法が考案されてきました。
    ここでは代表的な緊縛方法を12個ご紹介します。

    手首や足首の緊縛
    手錠縛り
    もっとも古くからありシンプルな緊縛法で、その名の通り手錠のように手首や足首のみを縛る方法です。

    上半身への緊縛
    1.高手小手縛り
    最も一般的な縛り方の一つ。後ろ手に組んだ腕の手首を肘より上に縛り、胸の上下に胸縄を巻く。2本の縄を使う。1本目は手首と胸の上側を縛り、2本目は胸の下側を縛る。3本目を使い梁などに釣ることもできる。

    2.片手小手縛り
    一方の腕のみを背後に回し固定、首縄と胸に回した縄で上半身を縛る。片手が自由になるために何かさせるための縛り方。

    3.合掌縛り
    背後に回した手を合掌させて固定する縛り方。体が柔軟でないと難しい。

    4.鉄砲縛り
    片腕を肩の上から、もう一方を側面から背中にまわして縛る方法。鉄砲を背負う形に見立てている。

    5.後頭両手縛り
    両手を頭の後ろで組んだ状態で縛る縛り方。西洋では服従のポーズ。

    全身への緊縛
    1.海老責め
    足は座禅を組ませ、そのまま正面から頭を足に近づけ固定する縛り方。体を海老のように曲げるためこう呼ばれる。元は江戸時代の拷問。

    2.逆海老
    上半身を縛り上げ、足は背中から頭に近づける縛り方。エビとは逆に背中を反らせるためこの名がある。英語ではhogtie(豚を吊るす縛りの意)という。

    3.座禅縛り
    座禅を組んだ状態で足を縛る方法。通常手は背中側に固定する。足首と首を近づけて縛れば海老責めとなる。また、前に倒せば座禅転がしになる。

    4.蟹縛り
    左の手首と左の足首、右の手首と右の足首をそれぞれ別々に束ねて縛り、四つんばいにする縛り方。

    5.亀甲縛り
    もっとも有名な縛り方。首にかけた二つに束ねた縄を股間から背中に回し、余った縄で手首を固定し、正面の縄を開くように固定する。その際に胸のあたりに六角形を作る。縄目が美しいので見栄えがする。手首を縛らずに飾り縄としても用いられる。

    6.菱縄縛り
    亀甲縛りと似るが、正面の縄目が六角形ではなく菱形を作るように縛る。

    緊縛された女性たちのエロ画像を332枚集めました。
    縛られて身動き取れない女性にエッチなイタズラをするのが好きな方!!
    食い込む縄が痛々しいまでも、悩ましい表情と反応に興奮を憶えざるをえません。
    『緊縛』とは
    緊縛とは、ひも状のものできつく縛るという意味です。
    ”縛”は縛る(しばる)とすぐ分かりますが、”緊”はどう意味か知っていますか?

    実は『緊』という字には”きつくしまる”という意味があります。
    その他にも”差し迫る”といった意味もあるので緊急事態や緊急自動車などに使われます。

    SMやエロにおける緊縛
    もともと緊縛は手錠技術が発達していなかった日本において、罪人を拘束する手段として発達してきました。
    なので皆さんが『緊縛』と聞いて想像する”亀甲縛り”のような全身を縛る物から、現代の手錠のように手首のみを縛る物まで様々な種類があります。

    捕縛・拘束手段としての『緊縛』がエロ要素を帯びるようになったのは、明治維新以降とされ、当時のエロ本である”錦絵”に美しい女性が全裸で緊縛されている様子が描かれたのがはじまりです。

    西洋の文化や技術とともに、罪人の拘束手段として『手錠』が採用されても『緊縛』の技術や文化が失われずに済んだのは、”エロ”への棲み分けがなされたからと言えるでしょう。

    代表的な緊縛は12種類 もともと人間を拘束するのが目的であった『緊縛』ですが、エロ目的に変わっていく中で”辱め(はずかしめ)”を与えるために様々な緊縛方法が考案されてきました。
    ここでは代表的な緊縛方法を12個ご紹介します。

    手首や足首の緊縛
    手錠縛り
    もっとも古くからありシンプルな緊縛法で、その名の通り手錠のように手首や足首のみを縛る方法です。

    上半身への緊縛
    1.高手小手縛り
    最も一般的な縛り方の一つ。後ろ手に組んだ腕の手首を肘より上に縛り、胸の上下に胸縄を巻く。2本の縄を使う。1本目は手首と胸の上側を縛り、2本目は胸の下側を縛る。3本目を使い梁などに釣ることもできる。

    2.片手小手縛り
    一方の腕のみを背後に回し固定、首縄と胸に回した縄で上半身を縛る。片手が自由になるために何かさせるための縛り方。

    3.合掌縛り
    背後に回した手を合掌させて固定する縛り方。体が柔軟でないと難しい。

    4.鉄砲縛り
    片腕を肩の上から、もう一方を側面から背中にまわして縛る方法。鉄砲を背負う形に見立てている。

    5.後頭両手縛り
    両手を頭の後ろで組んだ状態で縛る縛り方。西洋では服従のポーズ。

    全身への緊縛
    1.海老責め
    足は座禅を組ませ、そのまま正面から頭を足に近づけ固定する縛り方。体を海老のように曲げるためこう呼ばれる。元は江戸時代の拷問。

    2.逆海老
    上半身を縛り上げ、足は背中から頭に近づける縛り方。エビとは逆に背中を反らせるためこの名がある。英語ではhogtie(豚を吊るす縛りの意)という。

    3.座禅縛り
    座禅を組んだ状態で足を縛る方法。通常手は背中側に固定する。足首と首を近づけて縛れば海老責めとなる。また、前に倒せば座禅転がしになる。

    4.蟹縛り
    左の手首と左の足首、右の手首と右の足首をそれぞれ別々に束ねて縛り、四つんばいにする縛り方。

    5.亀甲縛り
    もっとも有名な縛り方。首にかけた二つに束ねた縄を股間から背中に回し、余った縄で手首を固定し、正面の縄を開くように固定する。その際に胸のあたりに六角形を作る。縄目が美しいので見栄えがする。手首を縛らずに飾り縄としても用いられる。

    6.菱縄縛り
    亀甲縛りと似るが、正面の縄目が六角形ではなく菱形を作るように縛る。

    .nise_list { border-top: 1px solid #ccc; background: #fff; box-shadow: 0px 1px 2px rgba(0,0,0,0.2); padding: 10px; text-align: right; font-weight: bold; font-size: 14px; } .alignleft { width: 80%; margin: 0 auto; } .primg > img { margin: 0px; } .primg { padding: 15px; } div.prtext { padding: 30px; margin-bottom: -20px; padding-top: 0; } .grad-wrap { position: relative; } .grad-trigger { display: none; } input, textarea, select { -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; appearance: none; outline: 0; border: 0; border-radius: 0; background: 0; box-shadow: none; resize: none; } .grad-btn { z-index: 2; position: absolute; right: 0; bottom: 0px; left: 0; width: 200px; margin: auto; padding: 11px; border-radius: 10px; background: url(http://img.oppaisan.com/wp-content/themes/smp/images/oppaikun.png) no-repeat left center rgb(255, 106, 148); color: #ffffff; font-size: 16px; text-align: center; cursor: pointer; transition: .2s ease; box-shadow: 0 0 8px #333; font-weight: bold; border: 2px solid; border-color: rgb(255, 255, 255); background-position: 5px; height: 40px; background-size: contain; } .grad-btn .fa { margin-right: .5em; } .fa { display: inline-block; font: normal normal normal 14px/1 FontAwesome; font-size: inherit; text-rendering: auto; -webkit-font-smoothing: antialiased; -moz-osx-font-smoothing: grayscale; } .grad-btn:before { content: “全文表示”; } .grad-btn { /*.grad-btnのCSSは表示/非表示の動作には関係ないので、ご自由にどうぞ。*/ } .grad-item { position: relative; overflow: hidden; height: 120px; } .grad-item::before { display: block; position: absolute; bottom: 0; left: 0; width: 100%; height: 100px; /*グラデーションで隠す高さ*/ background: -webkit-linear-gradient(top, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, #fff 100%); background: linear-gradient(top, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, #fff 100%); content: “”; } .grad-trigger { display: none; /*チェックボックスは常に非表示*/ } .grad-trigger:checked ~ .grad-btn::before { content: “閉じる” /*チェックされていたら、文言を変更する*/ } .grad-trigger:checked ~ .grad-item { height: auto; /*チェックされていたら、高さを戻す*/ } .grad-trigger:checked ~ .grad-item::before { display: none; /*チェックされていたら、grad-itemのbeforeを非表示にする*/ } /* パソコンで見たときは”pc”のclassがついた画像が表示される */ .sp { display: none !important; } /* スマートフォンで見たときは”sp”のclassがついた画像が表示される */ @media only screen and (max-width: 750px) { .pc { display: none !important; } .sp { display: block !important; } } .entry_head .entry_text { margin-bottom: 0; padding: 0; border: 0; font-size: 15px; line-height: 1.5; /* background: #fff; */ letter-spacing: 1px; } .mokuzi2 { background: #fff2e7; border: dashed 2px #ffc0cb; padding: 10px; line-height: 25px; } .mokuzi1{ font-weight: bold; margin-bottom: 10px; text-align: center; } .fa-chevron-down:before { content: “\f078”; } .grad-trigger:checked ~ .grad-btn .fa { transform: rotate(180deg); } .acd-check{ display: none; } .acd-label { background: #ff6161; color: #fff; display: block; position: relative; text-align: center; font-weight: bold; } .acd-content { border: dashed 2px #ffc0cb; display: block; height: 0; opacity: 0; padding: 0 10px; transition: .5s; visibility: hidden; } .acd-check:checked + .acd-label + .acd-content { height: auto; opacity: 1; padding: 10px; visibility: visible; background-color: #fff2e7; font-weight: bold; line-height: 2; } .entry_head { margin: 0 5px 0; padding: 0px 5px 15px; background: #fff; } .1 { background-color: #ff61a438; padding: 10px; border-radius: 10; color: #2d2d2d; }

    SM 緊縛 調教

他社紹介

巨乳新着記事

巨乳は世の漢たちの夢と希望が詰まってますな!
一般的にDカップ以上が巨乳と言われていますが、
巨乳フェチ作家の鏡裕之は、
ブラジャーで言うとE70以上が巨乳、G75以上が爆乳、M70以上が超乳と定義しているようですw
こんなにおっぱいが大きいとパイズリはもちろん、ぱふぱふも余裕ですわなw
そんなおっきいおっぱいを楽しみたい方はコチラからどうぞ↓↓

巨乳の関連記事一覧

巨乳カテゴリの続きを見る

貧乳新着記事

貧乳、ちっぱい、微乳、ペチャパイなど、
A~Cぐらいのお皿に乳首がトッピングされただけのような貧乳がここに詰まってます!
おっぱいを揉みまくって大きく育てたいという気持ちもあり楽しみが増しますわw
そんなとにかく可愛らしい貧乳おっぱいはコチラからどうぞ↓↓

貧乳の関連記事一覧

貧乳カテゴリの続きを見る

芸能新着記事

芸能カテゴリの続きを見る

動画新着記事

動画カテゴリの続きを見る

JK新着記事

JKカテゴリの続きを見る

シチュエーション新着記事

シチュエーションカテゴリの続きを見る

盗撮新着記事

盗撮カテゴリの続きを見る

スポーツ新着記事

スポーツカテゴリの続きを見る

外人新着記事

外人カテゴリの続きを見る