寝バック おっぱい画像

寝バック おっぱい記事一覧

  • 2019年09月27日

    AV女優 セックス

    寝バック画像240枚!!女性を中イキさせやすい小技紹介【gifあり】


    セックスの体位には色々ありますが、今回『寝バック』にフォーカスしてエロ画像を240枚集めてみました。
    女性でも好きという方が多い『寝バック』の魅力や中イキさせやすいテクニック等も紹介していますので、エロ画像の箸休めにご覧ください。
    寝バックとは 寝バックとは女性がうつ伏せになり脚を伸ばした状態で挿入する性行為のことを指します。

    体勢上膣内のGスポットを刺激し易く、女性が中イキしやすい体位と言えます。
    3種類ある寝バックの特徴を解説 寝バックには男性が覆いかぶさるパターンと上体を起したパターン、女性の腰を少し浮かせるパターンの3種類があります。
    ここではそれぞれの特徴と欠点をご紹介します。

    1.覆いかぶさる寝バック 男性が女性に覆いかぶさる寝バックは、挿入が浅くなるため早漏男性や少し休憩したいときにおすすめの体位です。
    しかし余程ちんこの長さが無い限り途中で抜けてしまう可能性が一番高い体位ともいえます。

    具体的には体格の差もありますが、15cm以上の長さがないと挿入したまま激しく腰を振るのは難しいでしょう。

    2.上体を起した寝バック 男性が上体を起した寝バックは、覆いかぶさる寝バックよりも深く挿入することが出来ます。
    また角度的に女性のGスポットを刺激し易く、お互いに強い快感を得ることが出来ます。

    3.女性の腰を少し浮かせる寝バック 脚は伸ばしたままで若干腰を浮かせる寝バックは、最も奥まで挿入でき中イキさせやすい体位と言えます。
    また女性によっては自ら腰を浮かして”奥”への刺激を求めてくる方もいます。

    しかし長時間この体制を維持するのは腰への負担が大きいため、枕やクッション等を敷いて行うのがベストです。
    寝バックで中イキさせるコツ 上記の3種類でもっとも女性を中イキさせやすいものは、『女性の腰を少し浮かせる寝バック』です。
    理由は単純で、最も膣奥まで挿入できるからというのとGスポットを”強く”擦ることができるからです。

    女性を中イキさせるには、大きく激しいストロークよりも的確で執拗なGスポットと膣口への刺激の方が効果的です。
    AVのようにわざと大きく動いたり早くピストンするよりも、Gスポットと膣口を意識した腰使いを意識しましょう。 女性が寝バックを好む理由 寝バックが女性からも人気が高い理由は2つあります。
    まず1つ目は『寝ているだけで良いから楽』です。

    騎乗位が好きな男性が多いように、女性が楽な姿勢のまま気持ちよくなれるため人気があります。

    そして2つ目が『感じている顔を見られない』です。
    ほとんどの女性は自分が感じている顔を男性に見られたくないと思っています。
    そのため顔を見られない寝バックが人気の体位となっています。

    寝バックでおっぱいは楽しめない? おっぱい好きとしては激しい乳揺れが期待できる”正常位”や”騎乗位”に目が行きがちですが、寝バックではおっぱいを一切楽しめないというわけではありません。

    寝バックは女性がうつ伏せの状態になります。
    つまり巨乳以上に限りますが、脇付近から潰れた乳肉がむにゅっとはみ出てくる『ハミ乳』を愛でることができるのです。
    ハミ乳は、横乳や下乳に次ぐ人気おっぱいフェチのひとつですよね!
    寝バック好きは”尻好き” おっぱいを真正面から楽しめない寝バックですが、同じように後ろから突くバックや立ちバック以上に楽しめる部位があります。
    それは”尻”です。
    同じように後ろから突いてはいますが、寝バックの場合女性は背筋がまっすぐになりしかも脚を閉じている為、尻肉が一番柔らかい状態をキープしています。

    そんなぷりんぷりんなお尻めがけて腰を打ち付ければ、波打つ尻肉と肉を叩く卑猥な音を楽しむことが出来ます。

    セックスの体位には色々ありますが、今回『寝バック』にフォーカスしてエロ画像を240枚集めてみました。
    女性でも好きという方が多い『寝バック』の魅力や中イキさせやすいテクニック等も紹介していますので、エロ画像の箸休めにご覧ください。
    寝バックとは 寝バックとは女性がうつ伏せになり脚を伸ばした状態で挿入する性行為のことを指します。

    体勢上膣内のGスポットを刺激し易く、女性が中イキしやすい体位と言えます。
    3種類ある寝バックの特徴を解説 寝バックには男性が覆いかぶさるパターンと上体を起したパターン、女性の腰を少し浮かせるパターンの3種類があります。
    ここではそれぞれの特徴と欠点をご紹介します。

    1.覆いかぶさる寝バック 男性が女性に覆いかぶさる寝バックは、挿入が浅くなるため早漏男性や少し休憩したいときにおすすめの体位です。
    しかし余程ちんこの長さが無い限り途中で抜けてしまう可能性が一番高い体位ともいえます。

    具体的には体格の差もありますが、15cm以上の長さがないと挿入したまま激しく腰を振るのは難しいでしょう。

    2.上体を起した寝バック 男性が上体を起した寝バックは、覆いかぶさる寝バックよりも深く挿入することが出来ます。
    また角度的に女性のGスポットを刺激し易く、お互いに強い快感を得ることが出来ます。

    3.女性の腰を少し浮かせる寝バック 脚は伸ばしたままで若干腰を浮かせる寝バックは、最も奥まで挿入でき中イキさせやすい体位と言えます。
    また女性によっては自ら腰を浮かして”奥”への刺激を求めてくる方もいます。

    しかし長時間この体制を維持するのは腰への負担が大きいため、枕やクッション等を敷いて行うのがベストです。
    寝バックで中イキさせるコツ 上記の3種類でもっとも女性を中イキさせやすいものは、『女性の腰を少し浮かせる寝バック』です。
    理由は単純で、最も膣奥まで挿入できるからというのとGスポットを”強く”擦ることができるからです。

    女性を中イキさせるには、大きく激しいストロークよりも的確で執拗なGスポットと膣口への刺激の方が効果的です。
    AVのようにわざと大きく動いたり早くピストンするよりも、Gスポットと膣口を意識した腰使いを意識しましょう。 女性が寝バックを好む理由 寝バックが女性からも人気が高い理由は2つあります。
    まず1つ目は『寝ているだけで良いから楽』です。

    騎乗位が好きな男性が多いように、女性が楽な姿勢のまま気持ちよくなれるため人気があります。

    そして2つ目が『感じている顔を見られない』です。
    ほとんどの女性は自分が感じている顔を男性に見られたくないと思っています。
    そのため顔を見られない寝バックが人気の体位となっています。

    寝バックでおっぱいは楽しめない? おっぱい好きとしては激しい乳揺れが期待できる”正常位”や”騎乗位”に目が行きがちですが、寝バックではおっぱいを一切楽しめないというわけではありません。

    寝バックは女性がうつ伏せの状態になります。
    つまり巨乳以上に限りますが、脇付近から潰れた乳肉がむにゅっとはみ出てくる『ハミ乳』を愛でることができるのです。
    ハミ乳は、横乳や下乳に次ぐ人気おっぱいフェチのひとつですよね!
    寝バック好きは”尻好き” おっぱいを真正面から楽しめない寝バックですが、同じように後ろから突くバックや立ちバック以上に楽しめる部位があります。
    それは”尻”です。
    同じように後ろから突いてはいますが、寝バックの場合女性は背筋がまっすぐになりしかも脚を閉じている為、尻肉が一番柔らかい状態をキープしています。

    そんなぷりんぷりんなお尻めがけて腰を打ち付ければ、波打つ尻肉と肉を叩く卑猥な音を楽しむことが出来ます。

    .alignleft { width: 80%; margin: 0 auto; } .primg > img { margin: 0px; } .primg { padding: 15px; } div.prtext { padding: 30px; margin-bottom: -20px; padding-top: 0; } .grad-wrap { position: relative; } .grad-trigger { display: none; } input, textarea, select { -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; appearance: none; outline: 0; border: 0; border-radius: 0; background: 0; box-shadow: none; resize: none; } .grad-btn { z-index: 2; position: absolute; right: 0; bottom: -20px; left: 0; width: 200px; margin: auto; padding: 11px; border-radius: 10px; background: url(http://img.oppaisan.com/wp-content/themes/smp/images/oppaikun.png) no-repeat left center rgb(255, 106, 148); color: #ffffff; font-size: 16px; text-align: center; cursor: pointer; transition: .2s ease; box-shadow: 0 0 8px #333; font-weight: bold; border: 2px solid; border-color: rgb(255, 255, 255); background-position: 5px; height: 40px; background-size: contain; } .grad-btn .fa { margin-right: .5em; } .fa { display: inline-block; font: normal normal normal 14px/1 FontAwesome; font-size: inherit; text-rendering: auto; -webkit-font-smoothing: antialiased; -moz-osx-font-smoothing: grayscale; } .grad-btn:before { content: “全文表示”; } .grad-btn { /*.grad-btnのCSSは表示/非表示の動作には関係ないので、ご自由にどうぞ。*/ } .grad-item { position: relative; overflow: hidden; height: 120px; } .grad-item::before { display: block; position: absolute; bottom: 0; left: 0; width: 100%; height: 100px; /*グラデーションで隠す高さ*/ background: -webkit-linear-gradient(top, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, #fff 100%); background: linear-gradient(top, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, #fff 100%); content: “”; } .grad-trigger { display: none; /*チェックボックスは常に非表示*/ } .grad-trigger:checked ~ .grad-btn::before { content: “閉じる” /*チェックされていたら、文言を変更する*/ } .grad-trigger:checked ~ .grad-item { height: auto; /*チェックされていたら、高さを戻す*/ } .grad-trigger:checked ~ .grad-item::before { display: none; /*チェックされていたら、grad-itemのbeforeを非表示にする*/ } /* パソコンで見たときは”pc”のclassがついた画像が表示される */ .sp { display: none !important; } /* スマートフォンで見たときは”sp”のclassがついた画像が表示される */ @media only screen and (max-width: 750px) { .pc { display: none !important; } .sp { display: block !important; } } .entry_head .entry_text { margin-bottom: 0; padding: 0; border: 0; font-size: 15px; line-height: 1.5; /* background: #fff; */ letter-spacing: 1px; } .mokuzi2 { background: #fff2e7; border: dashed 2px #ffc0cb; padding: 10px; line-height: 25px; } .mokuzi1{ font-weight: bold; margin-bottom: 10px; text-align: center; } .fa-chevron-down:before { content: “\f078”; } .grad-trigger:checked ~ .grad-btn .fa { transform: rotate(180deg); } .acd-check{ display: none; } .acd-label { background: #ff6161; color: #fff; display: block; position: relative; text-align: center; font-weight: bold; font-size: 15px; } .acd-content { border: dashed 2px #ffc0cb; display: block; height: 0; opacity: 0; padding: 0 10px; transition: .5s; visibility: hidden; } .acd-check:checked + .acd-label + .acd-content { height: auto; opacity: 1; padding: 10px; visibility: visible; background-color: #fff2e7; font-weight: bold; line-height: 2; } .entry_head { margin: 0 5px 0; padding: 0px 5px 15px; background: #fff; } .1 { background-color: #ff61a438; padding: 10px; border-radius: 10; color: #2d2d2d; } .label_p { font-size: 12px; } .tab5 { width: 100%;/*横幅はここで設定します。100%にすれば可変になります。*/ margin: 0 auto; } .tab5 label { display: inline-block; margin: 0; padding: 0; } .tab5 label { display: inline-block; width: 32%; padding: 3px 3px 3px; cursor: pointer; /* background: #ddd; */ /* color: #777; */ /* margin-right: -2px; */ /* border: solid 1px; */ /* border-color: #555; */ border-radius: 10px 10px 0 0; opacity: 0.5; } .tab5 label:hover { background: #eee; } .tab5 input:checked + label { /* background: #9fb7d4; */ padding: 12px 3px 3px; border: solid 2px; border-color: #ff0000; border-radius: 10px 10px 0 0; opacity: 1; width: 32%; } .tab5 input { display: none; } .tab5 #tab5-b1, .tab5 #tab5-b2, .tab5 #tab5-b3, .tab5 #tab5-b4 { display: none; } .tab5 #tab5-1:checked ~ #tab5-b1, .tab5 #tab5-2:checked ~ #tab5-b2, .tab5 #tab5-3:checked ~ #tab5-b3, .tab5 #tab5-4:checked ~ #tab5-b4 { display: block; } .itii { background-color: #ffe800; font-weight: bold; text-align: center; } .nii { background-color: #ccc; font-weight: bold; text-align: center; } .sani { background-color: #ca8330; text-align: center; font-weight: bold; } .osusume { background-color: #ff0000; padding: 10px; margin: -5px; margin-bottom: 5px; } .osusume p { text-align: center; color: white; font-weight: bold; -webkit-animation:blink 1s ease-in-out infinite alternate; -moz-animation:blink 1s ease-in-out infinite alternate; animation:blink 1s ease-in-out infinite alternate; } @-webkit-keyframes blink{ 0% {opacity:0;} 100% {opacity:1;} } @-moz-keyframes blink{ 0% {opacity:0;} 100% {opacity:1;} } @keyframes blink{ 0% {opacity:0;} 100% {opacity:1;} } .douga_tabu { margin-bottom: 5px; border: solid 1px; padding: 0px 5px; border-color: #808080; } .douga_tabu img { width: 50%; height: 50%; float: left; margin: 5px; margin-right: 0; max-width: 150px; } .douga_tabu table { width: 45%; margin: auto; margin-bottom: 80px; margin-top: 10px; } .douga_tabu table tr th, table tr td { padding: 3px; border: 1px solid #222; vertical-align: middle; font-size: 11px; height: auto; } .douga_tabu caption { font-size: 16px; font-weight: bold; } p.new01 { font-size: 14px; line-height: 1.5; letter-spacing: .5px; } h2.midashi01 { /* background: url(http://oppaisan.com/wp-content/themes/pc/images/oppai_icon2.png) no-repeat left center #fff; */ padding-left: 10px; font-size: 15px; padding-top: 18px; margin-top: 10px; margin-bottom: 10px; border-bottom: solid 2.5px #FFA6B0; /* line-height: 1.5; */ /* letter-spacing: 1px; */ } .osusume-douga { border: solid 2px; margin-top: 50px; border-color: #ff0000; padding: 5px; } h2.midashi01:first-letter { font-size: 2em; color: #ff2abc; }

    素人 GIF(ジフ) 寝バック

他社紹介

巨乳新着記事

巨乳は世の漢たちの夢と希望が詰まってますな!
一般的にDカップ以上が巨乳と言われていますが、
巨乳フェチ作家の鏡裕之は、
ブラジャーで言うとE70以上が巨乳、G75以上が爆乳、M70以上が超乳と定義しているようですw
こんなにおっぱいが大きいとパイズリはもちろん、ぱふぱふも余裕ですわなw
そんなおっきいおっぱいを楽しみたい方はコチラからどうぞ↓↓

巨乳の関連記事一覧

巨乳カテゴリの続きを見る

貧乳新着記事

貧乳、ちっぱい、微乳、ペチャパイなど、
A~Cぐらいのお皿に乳首がトッピングされただけのような貧乳がここに詰まってます!
おっぱいを揉みまくって大きく育てたいという気持ちもあり楽しみが増しますわw
そんなとにかく可愛らしい貧乳おっぱいはコチラからどうぞ↓↓

貧乳の関連記事一覧

貧乳カテゴリの続きを見る

芸能新着記事

芸能カテゴリの続きを見る

動画新着記事

動画カテゴリの続きを見る

JK新着記事

JKカテゴリの続きを見る

シチュエーション新着記事

シチュエーションカテゴリの続きを見る

盗撮新着記事

盗撮カテゴリの続きを見る

スポーツ新着記事

スポーツカテゴリの続きを見る

外人新着記事

外人カテゴリの続きを見る