美乳じゃなくて「微乳」の世界

2012年07月17日

画像:10枚

見た目(430)

おっぱいの形、大きさは人それぞれ。男子のチ○ポがデカかったり、小さかったり、色黒だったりするようなものですね。はい。そんなわけで、「微乳」、つまり、「わずかながらのふくらみであるがおっぱいと認識できるおっぱい」の画像を集めてみました。好きな人はとことん好きな微乳。その魅力を感じてみましょう。

微乳(11) ローション おっぱい(32) レズ(14) 寝おっぱい(3)

  • 見せるのが楽です

    美乳じゃなくて「微乳」の世界001

    微乳だと、服を脱ぐときもブラをずらすときもひっかかりがないから、おっぱいを見せやすいんです。
    それが利点なのかというと、、、わかりません。

  • 微乳でご、ごめん

    美乳じゃなくて「微乳」の世界002

    おっぱいを出した途端、カーテンに隠れようとする微乳の女の子。
    別に微乳は恥ずかしいことじゃあありません。りっぱなおっぱいであるからには、おいらは広く受け止めます。

  • 超開放的な微乳

    美乳じゃなくて「微乳」の世界003

    おっぱいにボリュームがないと隠しがちですけど、この子はどうやら開き直ってます。
    こういう胸筋を開く動きをするとおっぱいが大きくなるとか言いますしね。

  • 改めて微乳を眺める

    美乳じゃなくて「微乳」の世界004

    服を着ながらなのか脱ぎながらなのかわかりませんけど。きっとここはラブホなんで、この微乳が男にどんな風にいじられるのかが気になるのかもしれません。

  • 一刻も早く隠したい微乳

    美乳じゃなくて「微乳」の世界005

    あー、これは逆になでなでしたい勢いの微乳です。
    体型も痩せ型なので、背中から肉を寄せてブラでおっぱいを増強ってのも難しいレベルです。
    でも恥ずかしがらなくてもいいっすよ。

  • おっぱい大きくなーれ

    美乳じゃなくて「微乳」の世界006

    おっぱいを朝日に当てて伸びをするとおっぱいが大きくなる、、、そんなもんがあるかはわかんないですけど、朝起きて必死に微乳を育ててそうなきれいなおねえさんです。

  • 微乳ではあるほう

    美乳じゃなくて「微乳」の世界007

    微乳にもいろんなレベルがありますが、これだけあれば、比較的あるほうだと思います。
    サイズ的には、Bカップって言っていいかも。
    まぁ、仰向けになるとキレイに流れちゃうんですが。

  • 微乳女子と女子

    美乳じゃなくて「微乳」の世界008

    女の子同士でエッチなことしてるのって、男同士の3億8千万倍ぐらい好きです。
    特にこういう、おっぱい的にも垢抜けない女子を、ちょっとおねえさんが愛撫して気持ちよくさせる的なシチュエーションってエロい。

  • 微乳二人でローション遊び

    美乳じゃなくて「微乳」の世界009

    今から女の子同士でエロいことをしようとしている二人。
    きっと手に持っているローションでべちょべちょしながら、あんなこと、こんなこと。
    ついでにおっぱいも大きくなればいいね。

  • 微乳でも強気

    美乳じゃなくて「微乳」の世界010

    ちょっと気の強そうなおねえさん。
    別に微乳でも堂々としてる姿がかっこいいっす。こんなおねえさんなら微乳でも構わないので、好きなようにされたいっす。

巨乳新着記事

巨乳は世の漢たちの夢と希望が詰まってますな!
一般的にDカップ以上が巨乳と言われていますが、
巨乳フェチ作家の鏡裕之は、
ブラジャーで言うとE70以上が巨乳、G75以上が爆乳、M70以上が超乳と定義しているようですw
こんなにおっぱいが大きいとパイズリはもちろん、ぱふぱふも余裕ですわなw
そんなおっきいおっぱいを楽しみたい方はコチラからどうぞ↓↓

巨乳の関連記事一覧

巨乳カテゴリの続きを見る

貧乳新着記事

貧乳、ちっぱい、微乳、ペチャパイなど、
A~Cぐらいのお皿に乳首がトッピングされただけのような貧乳がここに詰まってます!
おっぱいを揉みまくって大きく育てたいという気持ちもあり楽しみが増しますわw
そんなとにかく可愛らしい貧乳おっぱいはコチラからどうぞ↓↓

貧乳の関連記事一覧

貧乳カテゴリの続きを見る

芸能新着記事

芸能カテゴリの続きを見る

動画新着記事

動画カテゴリの続きを見る

JK新着記事

JKカテゴリの続きを見る

シチュエーション新着記事

シチュエーションカテゴリの続きを見る

盗撮新着記事

盗撮カテゴリの続きを見る

スポーツ新着記事

スポーツカテゴリの続きを見る

外人新着記事

外人カテゴリの続きを見る

アクセスランキング